Long island cafe ―扉の向こう側―

アクセスカウンタ

zoom RSS mid 20's

<<   作成日時 : 2012/01/31 01:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

普段のチャットでの面白かった一コマをブログにしようと思うのだが、
なかなかその場でメモ出来なくて、結局何も書けずに忘れてしまう。。
40歳ともなると(←言い訳)その場で手帳を開くひと手間ですら面倒に思えてくるのだ。(←それは性格か)
手帳はもっと上手に使いこなせるようになりたいと思う2012年の節分前だ。

そんなこんなでもうすぐバカボンのパパと同じ春を迎えようとしている私なのだが、
店ではかなり若い年代の方々と接することが多い。
人の歳を聞いても自分より年上か年下かぐらいにしか記憶になく、(しかも結構間違えてるしw)
自分の歳の前後1歳差なんて、完全に一緒にしてしまっている。
・・・なので、実際20代半ば〜30代の人達とも皆ざっくり同じ感覚で喋っている自分に最近気がついた。
そう考えると、20代半ばの彼ら、彼女たちはなんて大人なんだろう・・・と思う。

私の20代半ばなんて、ほとんど何も考えて無かったし、将来に対する不安なんかはさておき、
“うれしい〜”とか、“さみしい〜”とか、“しんどい〜”とか、、、
その場の感情の繰り返しで毎日を過ごしていたように思う。

今思い返してみて記憶が蘇るのは、ようやく30歳に近づいた頃からだ。
20代半ばから20代後半までの、最も若くてパワフルであろう時期の記憶は
考えたら怖くなるくらい少量の断片でしか残っていないのだ。

40歳の私は、彼らに “今しかない。今がんばっとき〜!” などと、
40歳の頭で思いついたことを勝手気ままに言ってしまいがちだけれど。

いざ自分に置き換えてみれば、この時残った記憶の断片こそが私を支えてくれているようにも思える。
感情に流されて生きるのも、無意味なようで意味があるのかも知れない。
それから、、、かなりの負けず嫌いであることも一つ。(笑)


↓↓↓ランキングに参加してます!クリックして頂ければ励みになります!↓↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 戦う主婦へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
20代の記憶の断片は前後関係もぐちゃぐちゃだ。たまに人もごちゃごちゃになってる。ついこないだのことのようでもう15年も前の話。あの頃の自分が今の土台になってるかと思うとぞっとしますなあ。
446
2012/01/31 03:50
>>446

ゾッとするよなホントの話…。
その記憶の断片こそが私たちを繋げているのでしょう?(*^_^*)

re-co
2012/01/31 15:36
re-coさんに言われた一言で覚えているのは
年取ったと嘆いている私に「30代が一番おもろいで〜」といってくれたこと。
それから、なんか変わった気がしますヨ。
teri
2012/02/01 12:36
>>teri

へ〜!私、teriちゃんにそんなこと言ってたのね(笑)
うん。
でも実際30歳ぐらいでようやく社会の仕組みに興味を持ち
この間に学んだことは多いかな・・・。
私にも「40代もこれまたおもろいねん〜!」って言ってくれる先輩が現れて欲しいな^^
・・・いや、言葉は無くとも周りの先輩方を見てると実証されてるかも(笑)
re-co
2012/02/02 06:04
40代に突入したばかりだけど、40代は面白いに違いない!!と
根拠もなく信じ込んでいる私・・・(笑)
で、私もre-coさんと同じく、20〜30代の人と同じ感覚で
(私だけ、というところがポイント!)話をしている。

で、ふと自分の年齢に愕然としたりする・・・
まぁでも、いいのよん。

私の男友達に、女は40代が一番きれい!と断言する輩がおって、
彼にいつも励まされ(笑)日々を楽しもうと考えております。
Mrs.M代
2012/02/02 17:11
>>Mrs.M代

うん。。絶対面白いと思う!!
是非とも一緒に楽しみを共有しよう〜♪
差し当たって私が気をつけるべきは“gender”を忘れないことかしらん(笑)
re-co
2012/02/03 17:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
mid 20's Long island cafe ―扉の向こう側―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる